« 不登校7日目 謝罪の申し込みが! | トップページ | 生徒さんは色々です。。。 »

校長先生からの謝罪

不登校8日目 10月4日

まずは

・学校の中でいじめがあったことを謝罪されました。

・そして加害者とその保護者による謝罪を行いますとのこと。

・あとは今回の件を学校全体の問題ととらえ、学校からいじめをなくしていこうと真剣に取り組んでいること。

・家の子供が復学した後、クラスに教師の目が届かなかったということがないように、HRは担任と副担任の二人でみること。(あるいは担任と教頭)

・心配な教師の場合は、もう一人教師をつける。

・要望書の中の報復に対する学校の対処を書類による提出を求めた件について

学校と保護者(私たち夫婦)の信頼関係を築いていくためにも、書類で回答することはないのではないか?

とのことでしたが、

私は

学校が直ぐに動いてくれたことと、これから学校がいじめをなくしていこうと考えてくれていることに疑惑も不信も持っていません。

むしろ加害者からのクレームや非難から我が家を守ってくださって感謝しております。

学校へ不信感を持っているわけではなく、これから学校と一緒になっていじめを解決していこうと思っております。

でも、これから変わっていこうという時には、変わるんだ!!という決意が大事なんだと思いますよ?

ですから、先生。内容は先程のことでいいですから文書でいただけませんか?

と申し上げました。

後は懲罰のことですが、

「悪いことをしたのだから反省して罰を受けるということをして欲しい」と申し上げました。

罰の内容は、いじめの内容から先生方に考えてもらうということで子供も了解しました。と伝えました。

|

« 不登校7日目 謝罪の申し込みが! | トップページ | 生徒さんは色々です。。。 »

コメント

私は先生と呼ばれる職業に長年ついていたが、今振り返ると増長して偉そうな態度をとってしまった経験は一度や二度ではない。
特に若いころは高慢天狗、高飛車天狗と揶揄されても仕方がない思われるような言動も数多くしてしまった。恥ずかしい限りだ。
先生、先生と呼ばれ続けたことが私がそのような高慢天狗、高飛車天狗になってしまった原因の一つではないかと今になって思うのだ。
現役の先生方はどうか謙虚な気持ち、初心を忘れずに児童や保護者と接し続けてほしい。

投稿: 森田先生(元森田先生) | 2018年11月11日 (日) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 校長先生からの謝罪:

« 不登校7日目 謝罪の申し込みが! | トップページ | 生徒さんは色々です。。。 »